【 BEYOND MALAYSIA Letter】Mangoさんが語るペナンの魅力とは?

マレーシア・ペナン在住のMangoさんからのお便り「Beyond Malaysia Letter」。

今回は、Mangoさんが暮らしているペナンの魅力について。
Mangoさんが何故お子さん二人と一緒にペナンへ移住したのか、その理由もちらっとご紹介くださっています。

==============
はじめまして!マレーシア・ペナン島から教育・移住・子育て情報を発信することになったMangoと申します。2012年にペナンへ移住して7年目、教育/移住/旅行コンサルタントの仕事をしています。どうぞよろしくお願いいたします。

みなさんはマレーシア・ペナン島と聞いて、どんな事を連想されますか?

東南アジアの発展途上国? “島” だからジャングル?(笑)
92歳のマハティール氏が、世界最高齢の首相として二度目の就任、というニュースを見聞きした方も多いことでしょう。

私がペナンを一言で表すとしたら『多様性』。
歴史的な背景からマレー・中華・インドの文化が絡み合い、宗教や文化の異なる人々が融合して暮らす、なんとも不思議な島なんです。

私は若い頃から旅が好きで、世界各国を訪れた末に、ペナン島を『子どもたちの教育環境として最適な地』と感じて移住しました。文化・背景の異なる人々が混ざり合う暮らしに魅了され、今も飽きることなく新たな発見が続いています!自然と都会が適度なバランスなのも気に入っています。

当時10歳と3歳だった子どもたちは、現在17歳と10歳に。
インターナショナルスクールや中華系の学校でアジア各国や欧米諸国の子どもたちに揉まれ、各民族のお祭りやお正月を年に何度も祝いながら、親子で日本語・英語・中国語の『トライリンガル教育』に奮闘中です。

そんな多様性にあふれたマレーシア・ペナン島の教育環境について、これからお伝えしていきます。

筆者:Mango(長塚香里)
2012年よりペナン在住。留学/移住/旅行関連サイト『BEYOND MALAYSIA』運営。
留学/移住コンサルタントとして日本人家族のサポートを始めて6年目。独身時代にバックパッカーとして30カ国を訪れた後、子連れで旅を続けて15年目。
17歳長女・10歳長男の日本語・英語・中国語 トライリンガル教育経験を生かした「リアルで実践的なアドバイス」と「親子共に海外で自立するためのサポート」をペナンから提供中。

BEYOND MALAYSIA https://beyondmalaysia.com/
担当:長塚香里(在ペナン)
お問合せ:service@beyondmalaysia.com