連携型子育て「チームわが家」

連携型子育て「チームわが家」

これからの両立の形
連携型子育て「チームわが家」とは?

「夫婦で家事育児をシェアしながら頑張ろう!」と思っていても、なかなか難しいのが現実。お互いに余裕がない中で夫婦二人だけで全てをやろうとしても、結局押し付け合いになってしまいます。

仕事に家庭に大忙しで余裕がない子育て夫婦がうまく両立する最大のポイントは「夫婦二人だけでやろうとしないこと」。

家事育児を代わりに担ってくれる人やツールを巻き込んで、「チームとして」両立体制を作ることです。

夫婦だけでは補えないところを多様なリソースを活用して補うことで、夫も妻も仕事と家庭を無理なく両立できる体制を構築する。それが連携型子育て「チームわが家」です。

夫婦以外の戦力が増えることで、夫婦の押し付け合いが減り、時間と気持ちに余裕が生まれます。できた余裕で家族の時間をもっとゆったり楽しむことができます。この余裕の創出がチームわが家の目的です。

5つのリソース

「Team わが家」を構成するリソースは大きく以下の5つに分類されます。

連携型子育て「チームわが家」

  • 家族内サポーター:じいじ&ばあば、親戚
  • 家族外家族サポーター:パパ友、ママ友、職場仲間、ご近所等の人的リソース
  • 民間&行政サポーター:生協、家事代行、ネットスーパー、ベビーシッター、民間や行政が提供する家庭運営サポートサービス
  • テクノロジー:高機能家電やお掃除ロボット、スケジュール共有アプリ
  • 先生:保育園や幼稚園、学校や学童、習い事などの先生方

弊社が提供する両立セミナーの一部に「チームわが家ビルディングワーク」を取り入れています。是非、ご相談ください。

 

日経DUAL連載記事

日経DUAL連載 りんだ先生の「チームわが家でいこう!」りんだ先生の「チームわが家でいこう!」